My Favorite Time

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< かわいいなあ。 | main | お題;「かなしみ」 >>

嬉しいなー。

枡野浩一のかんたん短歌blogの企画に、先日つたない短歌をトラックバックしたのですが、思いがけず枡野さんから評を頂いて、かなーり感動しておりますの(T-T)
目の前に広がる色は悲しみだ 君が出て行きドアが閉まった (ゆん)

 「悲しみ」を情景描写で伝えようとしている意欲を買いました。
 「色」という言葉は少々安易なのでは? あと、ドラマの設定自体は、平凡です。


前も書きましたが、わたしが短歌に興味を持ったのは枡野さんの存在によるものなのです。
だからもう、夢のようですよ〜(>_<)
ありがとうございますー。

んで、肝心の評なのですが。
一言で言えば、平凡、なんだろうね。まさに。
もうちょっとこう、発想の転換みたいのができるといいんだけど。
それはこういうモノだけじゃなくて、いつもなんだよねぇ。
応用がきかないんだなあ。

精進あるのみ。
また浮かんだら投稿してみます。
tanka | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://crispycafe.jugem.cc/trackback/17
この記事に対するトラックバック